メニュー

CORAL EX-101、コーラル末期の名機

2021/01/05 - CORAL EX-101

今回はコレクション紹介、CORAL末期の名機EX-101です。

CORAL/コーラル EX-101の画像

17cmウーファー+ドームツイーターの2ウェイ、エンクロージャーは密閉型です。モデルイヤーは1986年、この年に出したDXシリーズと本機EXシリーズを最後にコーラルは新製品を出しておらず、おそらく1986〜1987年頃に会社が消滅してしまったのでは、と思います(資料、見つからず)。

画像では黄ばんで見えますが、フレームはゴールドアルマイトでツイーターのダイアフラムもゴールドです。

CORAL/コーラル EX-101のゴールドのフレームとダイアフラム

同時期のDXシリーズも同じくゴールドを基調とした外観になっています。DX-ELEVENのゴールドダイアフラムのミッドローなんて、そうりゃもう見た目が最高ですが、DX-ELEVENは高値で推移しているので、ワタクシの手元に来ることはまずないでしょう。

話を戻して本機EX-101、ウーファーです。

CORAL/コーラル EX-101のウーファーその1

17cmウーファーとなっていますが、実際はパイオニアのSX-4Gとほぼ同じ大きさのウーファーですので18cmでも差し支えないかと。コーンは元々はグレー、センターキャップは黒ですが、色褪せてこのような色になっています。特に音質に影響があるわけでもないので着色は行わずそのままにしています。

フレーム外観はアルミなのですが、メインのフレームの構成材はスチールです。

CORAL/コーラル EX-101のウーファーその2

このスチールのフレームにアルミの外枠を組み合わせる見た目優先のコストダウンフレームは1980年頃から多く見られるもので、当方の手持ちのスピーカーではVictorのS-C2やLo-DのHS-11Dなんかもこの方式です。それまでは見た目アルミフレームなら、フレーム全体がアルミ製だったのですが…

マグネットは12cmだっけかな(測ったけど忘れてしまった)、割としっかりした磁気ユニットです。アルミ外枠とスチールのメインフレームは接着となっています。

CORAL/コーラル EX-101のウーファーその3

チラっと見えるグレー色が元々のコーン紙の色かと思います。

密閉型ですが、サビなどは皆無で程度良好です。
前面のグリルネットはアルミ外枠の隙間にハマっているだけですので、割と容易に外すことができます。

CORAL/コーラル EX-101のウーファーその4

ハードドームツイーターです。

CORAL/コーラル EX-101のハードドームツイーターその1

スペックは3.6cmですので、同社のDX-7に採用されているものと同じツイーターかと思われます。DX-5やDX-3のツイーターはダイアフラムがもう一回り小さいサイズです。

こちらはプレートは無垢のアルミ。

CORAL/コーラル EX-101のハードドームツイーターその2

ダイアフラムは同時期のDXシリーズと同じくATMC超硬質軽合金なる素材ですが、それがどういう金属材質なのかは詳細不明です。エッジはドーム部と一体成型のタンジェンシャルエッジで美しいです。

CORAL/コーラル EX-101のハードドームツイーターその3

イコライザーとダイアフラムに積もった埃を掃除したいのですが、前面の保護ネットは接着されているので取り外しに躊躇している状態です。隙間にシンナーを流し込めば外れるとは思いますが…

ネットワークはターミナルと一体式、クロスオーバーは3kHzです。

CORAL/コーラル EX-101のネットワーク

ツイーターの能率をウーファーに合わせるために抵抗がガッツリ入ってます。ツイーター側はフィルムコン、ウーファー側は電解コンとセオリー通りの造りに好感。

エンクロージャーはバッフルの両端にRの処理がされたもの、使われているパーチクルボードも密度の高いものでかなりガッシリした造りで重量感も十分。

CORAL/コーラル EX-101のエンクロージャー

ウーファー、ツイーターそれぞれのフレームの凹処理もされ丁寧な造りのエンクロージャーです。

音質の方が動画を用意しているところなので、動画と共に別記事に書く予定ですが、このクラスのスピーカー(NS-10M, SX-4G, SC-R11, SC-11…)としては随一と言っていいほど良い音です。それゆえ、なかなか手放せないという。

というわけで、近日中にEX-101の空気録音動画をアップする予定です。

CORAL/コーラル EX-101

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
CORAL EX-101、空気録音動画をアップしました。
LUXKIT 834 MONITOR、分解と整備
ブログ移設ですよよよ
Art Audio BA-400MkIII、来ましたが…
YAMAHA JA-4201、マグネットずれの修理
DENON USC-M7を分解掃除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA