メニュー

Technics SB-X01、オーディオ動画を公開

2020/08/28 - Technics SB-X01, Youtube動画

テクニクスの10cm 2ウェイスピーカー・SB-X01のオーディオ動画について。

0:06 〜 mixkit “Blue Funk”(Funk/Electric Bass)
2:10 〜 mixkit “Atop A Mustang”(Latin/Acoustic, Percussion)
3:48 〜 mixkit “Ocean Of Love”(Pop/Guitar)
5:18 〜 works291 Original Jazz “machi”(JAZZ/Piano, Contrabass)

スピーカーの聴き比べ・評価はメイン機材のヤマハ・AX-1200(プリメインアンプ)デンオン・DCD-1650AL(CDデッキ)です。動画撮影は別部屋なので隣室から長めのSPケーブルで繋いでいます。

テクニクスSB-X01は1978〜1979年頃のスピーカーでテクニクスが当時提唱していたリニアフェイズを踏襲したものです。エンクロージャーは密閉型、このサイズのスピーカーとしては珍しくツイーターはホーンです(といってもドームツイーターにホーンを足したような構造です)。

音質の方は意外や意外、小音量では小型密閉型ゆえにやや低音が引っ込みますが、一定以上の音量を越えると低域から高域までバランスよく元気いっぱいに鳴ります。3:35〜や4:52あたりの高音も刺さるような音ではなく、実に滑らかで良い音です。さすがにこのサイズですので5:20あたりからのジャズのウッドベースは軽めになります。それでも引っ込むことなくしっかりとベースの音階は聞こえてますので立派なもんですね。
動画はかなりの音量(AX-1200のボリューム位置は12時くらい、たぶん、防音の甘いマンションやアパートでは苦情が来るほどかと)で鳴らしていますが、これ以上の音量になると歪感が感じられますが、これだけ出れば充分&日常使用にあ何の問題なし、ってところです。

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
Youtube動画を仕切り直し
DENON SC-E727、オーディオ動画テスト
Technics SB-X01、インプレッションと分解
FOSTEX GX10、オーディオ動画を公開
YAMAHA P4050、オーディオ動画を公開
空気録音な動画を作って公開するプロジェクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA