メニュー

FOSTEX GX10、オーディオ動画を公開

2020/09/03 - FOSTEX GX10, Youtube動画

フォステックスの鈍器系スピーカー・GX10のオーディオ動画について。

0:08 〜 mixkit “Blue Funk”(Funk/Electric Bass)
2:12 〜 mixkit “Atop A Mustang”(Latin/Acoustic, Percussion)
3:50 〜 mixkit “Ocean Of Love”(Pop/Guitar)
5:20 〜 works291 Original Jazz “machi”(JAZZ/Piano, Contrabass)

無名でマイナーな機種でありながら、その昔に聞いて以来、悪印象のままだった鈍器系スピーカーの認識をあらめさせられたモデルです。「こんなイイ音するの?」と驚いたもんです。
低音の再生能力に驚き、解像度の高さにも驚きでありました。

動画では最後のJAZZ曲のベースの音、実際に部屋で大音量ですがズンズン出ています。通常、小さなスピーカーで大音量かつ低音を出そうとすると、無理矢理感で音が崩れてしまいがちですが、音が崩れることなくベース弦を弾く音のひとつひとつがきちんと聞こえてきます。中高音域の透明感も良好です。6:20付近のシンバルの音も良好です(GX10と比べれば、の範囲の話ですがTechnicsのSB-X01だとナローな性格のせいか、この辺の再生はピンボケな感じに聞こえてしまいます)。

自分の先入観がいかにいい加減なものだったかと。
これのせいで鈍器系を集めるキッカケにもなったのであります。

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
FOSTEX GX10、小改造と試聴
FOSTEX GX10、色気をつけてみる
空気録音な動画を作って公開するプロジェクト
FOSTEX GX10、分解&掃除
Youtube動画を仕切り直し
DENON USC-M7、AkiraとYouTubeコンテンツID

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA