メニュー

稼働率の高し・YAMAHA AX-10&DENON SC-E727

2017/12/08 - YAMAHA AX-10, DENON SC-E727

今現在、我が家でダントツに稼働率の高い音響機器は仕事用のiMacに接続しているスピーカーとアンプかな。いわゆるデスクトップオーディオな機器ですね。これとは別にメインシステムとリビングのAVシステム、息子のデスクトップオーディオ、合計4システムが我が家で稼働してることになります。

んで、そのデスクトップオーディオな機器ですが…

DENON(デンオン・デノン)SC-E727の画像、正面から

スピーカーはDENONのSC-E727(オーディオの足跡)、知り合いから譲り受けてかれこれ15年ほどになります。単なる15cmの2ウェイに見えますが、こいつはP.P.D.D方式といって、表に見えてるウーファーの背面に(エンクロージャー内部)にもう一つウーファーが入ってて、プッシュプル駆動してます。そのせいで、サイズからは想像できないほど豊かな低音が出ます。最初にこいつの音を聞いたときにはビックリしたもんです。
クラシックからロックまでこなす、オールマイティなヤツです。

音質は、低音が出過ぎな感もありますが、ズンズン系の音が好きな方にはたまらないでしょう。かなり好みは分かれると思いますが、このクラスのスピーカーでは随一の性能だと思います。オクで美品を見つけたら1万前後なら買いだと思います。そうそう、置き場所でかなり鳴り方が変わります。床や机の上に直接置くと、ただでさえ出過ぎ感のある低音が強調されてモコモコ&ボワンボワンな感じになりますんで、ちょっとしたスピーカーベースでよいので、床面(机面)から少し離した方がいい感じです。ウチでは8cmほどのスピーカーベースを日曜大工で作って設置してます。

ちなみに、天然木仕様のE727R(オーディオの足跡)というのがあります。実は機器入れ替えのつもりでE727Rをオクで入手したことがあるのですが、箱の鳴り方に依存してる造りではないので音質は変わらなかったです(同じのが2組あってもしょうがないので、E727Rはすぐに売却しました。なんでE727Rの方を売ったかというと、E727より高く売れそうだったから・汗)。

ヤマハ AX-10の画像・正面から

アンプはYAMAHAのAX−10(オーディオの足跡)です。ミニコンポのプリメインアンプなのですが、ミニコンポのアンプとしてはきちんと「プリメインアンプ」としての機能を押さえてるところがお気に入りです。どういうことかというと、

・スピーカーA/Bの2系統の接続が可能
・プリとメインに分離できる

プリメイン分離は、よくあるプロセッサーアウトではなく、モノホンのプリアウトとメインイン端子が付いてます。単品コンポのアンプであれば、この2機能はごくごく普通なのですが、ミニコンポでこれらを備えているのはミニコンポ高級機でも割と少ないです。特に後者のプリメイン分離ができるミニコンポのプリメインアンプは異例でこれの他に1〜2機種しかなかったような。
メインシステム用に買ったパワーアンプのチェック、中華のデジタルアンプ基盤のチェックを行ったりってときに、このプリアウトがとっても便利なんですね。

この頃(90年代前半)のヤマハのアンプの統一デザインのグレーアルマイトっぽい外観に極厚のパネルというのもお気に入りな点です。

音質はというと、一言で言えば野太い音がします(笑)。AX-10の前はVictorのAX-F3+SC-E727でしたが、AX-10に換えて誰が聞いても分かる変わり様。AX-F3は繊細な優しい音、悪く言えば全体的にか細い音質です。AX-10は良くも悪くもイケイケな音、決してドンシャリではないです。YAMAHAらしいカッチリした解像度も健在です。どちらかというと、ロック・ジャズ向きだと思います。

機能面も音質面も造りもとても良いアンプだと思うのですが、ヤフオクなどではあまり高値はつかないのがちょっと悲しいです。隠れた名機とまではいきませんが、お買い得なアンプかと思います。

他のシステムについては別の機会にでも。

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
DENON SC-E727、お掃除メンテナンス
YAMAHA AX-10、スピーカーリレーの交換
DENON SC-E727、オーディオ動画テスト
Technics SB-F1、整備ついでにSB-X01と比べてみる
KENY・Sound Shack、思い出のカタログ・その3
Victor S-C2、ジャンク品のレストア開始でございます(下見編)

稼働率の高し・YAMAHA AX-10&DENON SC-E727」への2件のフィードバック

西*****

はじめまして
ボリュームがガリはじめた(ヘッドホン・ジャックも怪しくなってきてます)AX-10がかわいそうで、ググってたらこのページに辿り着きました。私もiMacの音出しにAX-10を使ってます、スピーカーはTEACのS-300Rですけど。耳も悪くなってきているので、なんの問題も感じていません。
たまに真面目に聴く時は、marantz CD5001 + PM6001 + JAR/JORDAN Entry Mです。貧乏人なので、高いものは買えませんでした。
管理人さんのページをみてたら、CORALの名前がありました。懐かしかったなあ。
3歳年上の兄が就職して自分の金で「ステレオ」を組めるようになった時に、選択をまかされて、ジャズが好きだと言ってた兄にCORALのCX-3を選んだことを思い出しました。
僕、たぶん管理人さんと同世代ですよね。

返信
    sputnik01

    豊*****様(御名前は伏せさせていただきました)
    コメントありがとうございます。
    AX-10、良いですよね〜使い勝手も音質も良いのですが、なぜか人気は今ひとつなのが残念です。ケンウッドのKENWOOD K’s A-1001やDENONのPMA-9.5などを一時的に試したりもしましたが、結局、AX-10を選んでしまいます。当方もお小遣いは限られてますので、高級品とは縁がありません。昔欲しくて買えなかったものがオクで安く出てたりすると購入→しばらく楽しむ→売却して次の購入、みたいなサイクルで細々と楽しんでます。3つ上のお兄様がCX-3を購入する世代でしたら、同じ世代だと思います。ティーンエイジャー期はオーディオ全盛時代ですね!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA