メニュー

SANSUI J11、レストアします!・後編

2020/10/10 - SANSUI J11

SANSUI J11のレストアの後編です。
前編は以下です:

SANSUI J11、レストアします!・前編

前編でウーファーのエッジは修理しましたが、仮組みするとバッフルの化粧板の隙間からフレームがチラっと見える構造なのでマスキングしてフレームも艶消しブラックで塗装しました。

サンスイJ11のウーファー

ネジ類は特にサビなどなかったのですが、無駄に長いネジでしたので、普通の黒染めの適切な長さのキャップボルトに変更しました(元のネジは先端が棒先になっていますが、棒先である必要はないです)。

サンスイJ11のユニット留めのネジ

ドロンコーンの方はエッジは健康な状態ですが、こってり黄ばんでいますので、コレも着色します。

SANSUI J11のドロンコーン

取り外しました。裏側にはウエイトが付いています。

サンスイJ11のドロンコーンを取り外し

センターキャップがないので着色はすっごく楽です。フレームもウーファー同様に艶消しブラック塗装。

サンスイJ11のドロンコーンのメンテナンス

ツイーターはダイアフラムについていた埃を水で湿らせた綿棒でやさしく拭きとり、フレームを掃除したのみでOK。

SANSUI J11のドームツイーター

再度、ここでFOSTEX GX10のツイーターの裏面を確認して比較。

FOSTEX GX10のドームツイーター

どちらも4Ωで許容入力が20w、やっぱり同じモノっぽいですね。

エンクロージャーは表面を磨いた後(ヘアラインなのでボンスターでヘアライン方向に磨きます)、空気漏れしてそうな箇所(継ぎ目や接合部)に保険的にボンド1521Bを再充填して密閉度の不安がないようにしました。足には両面テープでコルクを貼り付け。

サンスイJ11のエンクロージャー

ネットワークは特に異常はなさそうなのでそのままです。ちなみにクロスオーバーは2.5kHzでこのサイズの2ウェイとしてはやや低めの設定です。

SANSUI J11のネットワーク

これにて全ての部品が揃いました(ブログでは前編後編の2記事ですが作業期間はそれなりに長かったのです)

サンスイJ11のユニット

特にウーファーは苦労の賜物です!

レストアしたSANSUI J11 Woofer

 

組み立てました。
ウーファーとドロンコーンの両サイドの爪のような出っ張りが前面ネットをホールドする仕組みですので、きちんとセンターになるようマウントします。

サンスイJ11レストアして組み立て

完成です!
あらためて見ると、なんてかっこいいデザインのスピーカーなんでしょ!

SANSUI J11完成!

前面のネットを装着するとこんな感じです(前面のネットは丁寧にサビを落として半ツヤのブラックで塗装済み)。

サンスイJ11レストア完了(前面ネット付き)

ネットを装着するとユニットのホワイトが映えます、かなり迷いましたが着色してよかったです!

次き記事、YouTubeアップ用の空気録音動画を作成し音出しインプレは以下です

SANSUI J11、試聴動画と当時のサンスイデザイン

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
SANSUI J11、レストアします!・前編
SANSUI J11、試聴動画と当時のサンスイデザイン
FOSTEX GK10、モデル名を間違ってました
Marantz LS-30V、 試聴動画をアップしました〜
TASCAM iM2、MacにUSB接続
Audio Technica AT-SP50a、鈍器系3ウェイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA