メニュー

SANSUI J11、レストアします!・前編

2020/10/02 - SANSUI J11

1979年頃のサンスイの小型アルミ筐体のスピーカー・J11です。

このサンスイ・J11、記事化するにあたって鈍器系カテゴリーにするか否か少し悩みました。
というのもアルミ筐体なのですが、鈍器のようにズッシリ重いかというと、そうでもないのです。でもまぁアルミ筐体で10cmベースで鈍器系っぽいので鈍器系カテゴリーにしました!

これからレストアしようとするJ11、エンクロージャーのバッフルの接着留めが剥がれ、既にこんなことになってます。

SANSUI J11、エンクロージャー壊れてる

状態を調べようとユニットを外していたら「パリッ」とバッフルが剥がれました。ゴム系の接着剤で組み立てられているのですが、経年劣化で接着剤が硬化しすぎていたようです。これがレストア前に全体写真が取れなかった原因っす。

再組み立ては(ドロンコーンなので密閉度に留意しつつ)接着すればよいので問題なし。エンクロージャー自体はアルミ板を箱状に曲げ、前後にバッフルを接着という構造で通常の鈍器系スピーカーのような鋳造の厚みのあるエンクロージャーではないです。

レストア前に撮った全体写真がありませんのでカタログ画像をば…
全体像はこんな感じ

このサイズでドロンコーン式はなかなか珍しいです。

1979年はサンスイも乗りに乗ってた時期でアンプ・AU-Dx07シリーズは売れまくるわ、シスコンも黒のAZシリーズからホワイト&シルバー基調のTARGETシリーズに。単品スピーカーとしてホワイトコーンのこのJ11と20cm 2ウェイのJ33が発売された時期でした。

取り外したユニットを順に見て行きましょう。
まずウーファー、10cmのホワイトコーンのウーファーです。エッジは崩壊してありません。

サンスイJ11のウーファー、レストア前

せっかくのホワイトコーンなのに汚れている上に黒カビまで生えて汚い…

ツイーターです。
この手のスピーカーで最も懸念されることはツイーターの断線ですが、幸いにして断線はなかったです。

サンスイJ11のツイーター

「汚れてるなぁ」とか思いながらシゲシゲと眺めてて気がつきました!
このダイアフラムに斜めに入る導線とダイアフラムへの凹にワッシャーがハミ出たプラスネジはつい最近見た覚えがあるっす!

サンスイJ11のツイーターのダイアフラムの拡大

このツイーター、DIATONE MS07のツイーターやFOSTEX GX10のツイーターと同じフォーマットです。

フォステックス GX10とダイアトーン MS07のツイーター

ちょっと確認してみましょう。
これがFOSTEX GX10のツイーター

FOSTEX GX10のツイーター

そしてこれがDIATONE MS07のツイーター

DIATONE MS07のツイーター

同じフォーマットですねぇ。ダイアフラムの感じから、おそらくFOSTEX GX10のツイーターとほぼ同一品と思われます。サンスイがスピーカーユニットを内製する工場を持ってたとは思えないので、おそらくFOSTEX(もしくは三菱電機)に製造依頼でもしていたのでしょう。おそらくウーファーユニットの製造も外注かと思います。

ウーファーのエッジを直さないことには音も出せませんのでウーファーのエッジ修理から。
このウーファーは10cmにしてはややロールが大きくドンピシャに合う既製品のラバーエッジが見つかりませんでしたので自作エッジでいきます。

SANSUI J11のウーファーエッジを自作する

10cmウーファー用エッジですので、かなり柔らかめに作ります(薄めた液体ゴム1回塗り程度)。

せっかくなのでホワイトコーンも真っ白にしたいところ。

サンスイ・J11のウーファー、かなり汚い

まず、薄めた漂白剤を塗ってある程度、白さを戻します。

サンスイ・J11のウーファー、漂白1回

その後で白の着色剤を塗ります。
そうすることで少ない着色剤で白さが戻る、と。薄く軽量なコーンが特徴なのであまり塗料を乗せることができないので慎重を要する作業です。

白の着色剤は某スピーカー修理用品屋さんで買ったものですが、これって匂いといい希釈して塗った感じといい、私がとても慣れ親しんでいる百数十円のあの塗料っぽいんですが…

ま、いいや(笑)

着色剤を塗った後、エッジを装着する際に小口径ユニットはコーンがフレームについたままだと全く接着剤をハミ出さずに接着するのは非常に難しいっす。なのでダンパーの接着剤をラッカーで溶解してコーン部をフレームからゴソっと取り外します。

サンスイ・J11のウーファー、着色剤でホワイトニング

失敗が許されない接着なので、いっそコーン部を外した方がよい、との判断です。黒のコーンだとわずかにハミ出ても目立ちませんが、ホワイトコーンは僅かな接着剤のハミ出しも許されないっす。
ついでにボイスコイルやマグネットまわりのチェックもできますし。

これでエッジをキレイに貼れます。

SANSUI J11の出来上がった自作エッジとコーン部

合体!

SANSUI J11の出来上がった自作エッジとコーン部を接着

このまま慎重にフレームに乗せ、センターリング位置を探ってエッジをクリップで固定。その状態でコーン&ダンパーを持ち上げて接着。その後にエッジを接着という方法でフレームに接着しました。
(手の開かない作業なので画像を撮るのを忘れてたっす)

SANSUI J11のエッジを修復したウーファー

ウーファーの修理完了です。

次回後編は以下のツイーターのメンテナンスと組み立てであります!

SANSUI J11、レストアします!・後編

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
SANSUI J11、試聴動画と当時のサンスイデザイン
SANSUI J11、レストアします!・後編
BMB CS-M10V、カラオケ用の凄いやつ
OTTO SX-C950、復活への道
KENWOOD AX-D7-N、パワーアンプ分解&内部構造
Lo-D HS-11D、空気録音動画をアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA