メニュー

Art Audio BA-400MkIII、修理しました

2018/02/24 - Art Audio BA-400MkIII

Art Audio BA-400 MkIIIの修理の続きです。

AliExpressで注文してたセンターキャップが届きました。元のセンターキャップと全く同じものではないので、片方だけセンターキャップを交換するとチグハグになりますので、正常なもう一方もセンターキャップを交換します。

Art Audio BA-400MkIIIの画像・ウーファーの画像

注文したセンターキャップはサイズ違いで3種類、35mm、40mm、45mmです。40mmのみ表面の仕上げが違いますが、まぁしょうがないです。AliExpressだとペアで100円くらいっす。

 

元のセンターキャップサイズは36〜38mmくらい、届いた3種をそれぞれ合わせてみて、35mmは少し小さい、45mmは逞しく見えるけど大き過ぎで音質が変わりそう。というわけで40mmをチョイスしました。

Art Audio BA-400MkIIIの画像・10cmウーファーのセンターキャップ

センターキャップを振動板の中央に着地させるには、粘着力を落としたテープにセンターキャップを付けて着地させます。接着剤はセンターキャップ側につけています。

Art Audio BA-400MkIIIの画像・ウーファーを交換

接着完了!
いい感じでできたのではないでしょうか、使用した接着剤は定番のDBボンドです。

Art Audio BA-400MkIIIの画像・ウーファーの画像

組み込みます、その前にネットワークの画像をば。
ネットワークは6db/oct、ウーファー+スコーカー+ツイーターというよりも、ウーファー+ツイーター+スーパーツイーターという構成ですね。スーパーツイーターはフィルムコンのみの構成です。それほどコストダウンも感じられずマズマズの構成かと思います。クロスオーバーは、5kHz、10kHzでスーパーツイーターからの音はオッサンの耳には殆ど感じません(悲・導通などは確認済み)。

Art Audio BA-400MkIIIの画像・ネットワークの画像

というわけで試聴です。
試聴CDは、洋楽ポピュラーのオムニバス「MAX BEST」です。

これ1枚で色々なカテゴリーのポピュラーミュージックが入っておりますので、なかなか便利です。

鈍器系のような密閉型小型スピーカーの試聴ポイントは、解像度、定位、バランスあたりでしょうか。当然、重低音などは出ませんが、モノによってはAMラジオのような中音が張り出し過ぎのもの、チキチャカうるさいツイーターが勝ち過ぎたもの等、色々とあります。

Art Audio BA-400MkIIIの画像

BA-400 MkIIIですが、解像度は文句無し、エレキベースの音階も埋もれることなくちゃんと聞こえ、どの辺にドラムがあるとか感じられ定位もよいです。ツイーターがコーンのせいか、高音域にも妙な違和感もなく実に自然で繋がりもよいです。スーパーツイーターはオッサンの耳には仕事してるのかどうか分かりません(涙)。ニアフィールド用途にはよいかと、ワタクシ的鈍器系ランキングでは、けっこう上位に位置する音質です。

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
Art Audio BA-400MkIII、来ましたが…
Lo-D HS-11D、空気録音動画をアップ
OTTO SX-C950、復活への道
Lo-D HS-1、ウーファーのマグネットずれ修理
FOSTEX GX10、分解&掃除
YAMAHA AX-1200、スピーカーリレーの交換

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA