メニュー

Aurex SS-S12W、レストアその4〜レストア完了!

2021/02/07 - Aurex SS-S12W

前記事に引き続き、しばらくは本業が激忙のため、ブログやYouTubeチャンネルを更新する時間が取れず苦慮中です。

これまでの経緯は以下です

Aurex SS-S12W、レストアその1〜これは難物
Aurex SS-S12W、レストアその2〜自作エッジで修理
Aurex SS-S12W、レストアその3〜清掃と塗装

今回は組み立て〜レストア完了編です。

センターキャップをAliExpressで注文したのですが、待ってるのももどかしいので元々のセンターキャップの表面に塗られていたダンプ剤をラッカーシンナーで落としてみたところ、キレイに除去することができました。

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのウーファーのセンターキャップ

というわけでコレを再利用することにします。
ただ、元は何かの狙いがあって表面にダンプ剤を塗布していたはず、ダンプ剤がないままはマズいと思いますので裏側に薄めた液ゴムを塗ってダンプ剤とすることにしました。

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのウーファーのセンターキャップにダンプ剤

元は垂れるほど塗られていましたので、それに習って割と厚めに塗っています。これならダンピング効果は十分、垂れることもないし表からの見た目もきれいです。

センターキャップを貼り付けて….

というわけでウーファーが完成しました!

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのウーファー完成

センターキャップは普通に貼り付けた後、液状に薄めたボンドを接着部に流し込んで密閉度を確保しています。コーンは染料系インクを薄吹きして着色したのが功を奏してビシッとした感じで仕上がりました。黒々してるのはやはりいいです!

ウーファーユニットについてです:
40年以上を経た密閉型のウーファーとしてはサビなども生じておらずキレイなもんです。マグネットサイズは70mmだったか65mmだったか、大きな部類ではないです。

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのウーファーの背面

Toshibaロゴが懐かしいですね。

ちなみに競合機となる同クラスのビクター・S-M5のウーファーは同じ12cmサイズですが、マグネットはユニット径と同じくらいの巨大なもので対象的ですね。ちなみに以下がビクター・S-M5のウーファーです

ビクターS-M5のウーファー

ツイーターの方は特に問題もないため、特に何か施す作業はありません。バッフルに貼られたラバーのおかげでアルミプレートに曇りもなく、非常にキレイです。

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのツイーター

ダイアフラムの方も良好です、ダンプ剤の硬化やひび割れなどは出ていないです。湿らせた綿棒で埃の除去を行った程度です。

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのツイーターダイアフラム

あまりにキレイでラバーバッフル&化粧バッフルで隠してしまうのが惜しいですね。

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのツイーターその2

裏面はこんな感じ、パーツ番号はSP-3D5Eです。

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのツイーターの裏面

兄弟機のSS-S1Wのツイーターと同じものかと思ったらパーツ番号が異なりSS-S1Wの方はSP-3D5Cです。プレート形状だけが異なるかと思いきや、耐入力なども異なるのでダイアフラム〜ボイスコイルがことなるんでしょうね、以下がSS-S1Wのツイーターです。

Aurex/オーレックス・SS-S1Wのツイーター裏面

エンクロージャーです、特に特筆するものはなく、ごく普通の鈍器系のアルミダイキャスト、肉厚はけっこうあってガッシリしています。吸音材は多めですがVisonikなどのようなギュウギュウ詰めでないです。

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのエンクロージャー

ネットワークです。ユニットのインピーダンスとパーツの値からするとクロスオーバーは4000kHz 12dB/octってことろでしょうか。ハイパス側にフィルムコン、ローパス側に電解コン、教科書通りな感じ。ツイーターを減衰させる抵抗類はないです。

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのネットワーク

さて、組み立てですが、ユニットを留めるネジがですね…コテコテに錆々なんですよ。

Aurex/オーレックス・SS-S12Wのユニット取り付けネジの錆

そんなわけでストックのステンレスのキャップボルトから合うもの探して使用します。

エンジンのように熱膨張するものじゃないので、ステンネジがアルミにカジることはないと思いますが、ネジ留めの際にネジにはグリスを塗布して締めます。

というわけで完成です!

Aurex/オーレックス・SS-S12W、レストア完了その1

さすがに新品同様とまではいきませんが、見違えるようです。ずっとヤニと埃にまみれた姿で部屋の隅にありましたので、まるで不用品のような状態だったのですが、見事に蘇りました。

ちなみに元はこんな状態でした、汚い…

Aurex/オーレックス・SS-S12W、レストア前

ネットを取り付けるとこんな感じです。

精悍な感じですっごくカッコいいです。
これでこのスピーカーもあと10年、いやもっと長く生きながらえるっす、めでたしめでたし!

音質レポートは以下の続きの記事へ:

Aurex SS-S12W、YouTubeに録音動画をアップ!

 

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
Aurex SS-S12W、レストアその2〜自作エッジで修理
Aurex SS-S12W、レストアその1〜これは難物
Aurex SS-S12W、レストアその3〜清掃と塗装
Aurex SS-S12W、YouTubeに録音動画をアップ!
PIONEER CS-X3、空気録音動画をアップしました
KENWOOD AX-D7-N、DVDピックアップ清掃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA