メニュー

YAMAHA RX-V10MkII、セレクタ不良

2018/11/18 - YAMAHA RX-V10MkII

我が家のリビングのTVで稼働中のAVレシーバーアンプ・ヤマハ RX-V10MkIIです。

YAMAHA RX-V10MkIIの画像

これも巷では人気はイマヒトツなのですが、アンプとしての素性の良さ、多彩な音場再現、フォノ入力、ドルビーサラウンド対応、高級感ある分厚い前面パネルなど、AVアンプ用途のみならず通常のプリメインアンプして使ってもとてもよいです。ウチではAX-10の前はこれがデスクトップでのメインのアンプでした。
注意すべき点は
・専用リモコンが付属していないものは買わないこと。
・このモデルの前モデルのRX-V10はドルビーサラウンド非対応。
の2点です。

それにしても、ウチはYAMAHAのアンプだらけっす。
そして不人気なモデルばかりという…
はい、好きですYAMAHAのアンプ(照)

んで、先日「アンプから音が出ない」と息子より報告があり、リビングに行って色々といじってみたところ、電源は入ってリレー音もして表示などは正常、内蔵のチューナーからのみ音は出るものの、入力端子からの入力は一切NGな状況。

セレクタではなさそう

開けてみるものの…

YAMAHA RX-V10MkIIの内部

あー(笑)

AVアンプの中ってぎっしりギシギシで日をあらてめて腰を据えて取り組まないとダメですわ。

とりあえず、リビングでの映画鑑賞などに支障が出るので代替機を探さねば。

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
AIWA SC-E80、レストア作業・その3
FOSTEX GK10、レストア作業その5〜組み立てと試聴テスト
PIONEER CS-610、ドームスコーカーの固着修理・組み立て編
FOSTEX FW100、レストア作業(リコーン)その3・新コーン調整
PIONEER CS-X3、ターミナル簡単変更
TRIO LS-10、レストア作業・自作エッジで修復

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA