メニュー

YAMAHA HC1500、パワーアンプメーターのランプが切れ修理

2019/05/15 - YAMAHA HC1500

近い将来のとある計画のために買い集めたパワーアンプ・YAMAHA HC1500です。
スタジオやPAなどのプロフェッショナル用途のパワーアンプですが、巷では駆動力と音質とデザインの無骨さでなかなかの人気です。特にPC2002Mなんかは人気のようです。

ウチもそれにあやかってHC1500とPC1000を導入の方向で進めてるのですが、先日入手したHC1500のパワーメーターのランプが切れてて寂しい感じになってますので、電球交換したいと思います。

まず、HC1500です。

YAMAHA HC-1500のフロントパネル

2Uサイズで小振りで軽量に見えますが、奥行きが長く重いです。半つや消しのブラックの筐体にイエローの大きなパワーメーターがとてもカッコ良いです!

フロントパネルを外します。天板と全面からのネジで容易に外れ非常に整備性は良いです。外すと電球がありますので引き出して球の根元から切断します(球へのケーブルは残す)。

YAMAHA HC-1500パワーアンプのパワーメーター

テスターで計測すると電球には交流12vが来ていますので、12vの電球色のLEDを購入しました。

YAMAHA パワーアンプの交換用の電球(LED)

正しくは直流化回路を通してLEDを繋ぐのがよいのでしょうが、LEDもダイオードってことで、そのまま接続します(汗)。

仮結線して点灯を確認した後、本結線はハンダ留めして熱収縮チューブで仕上げ、という感じで結線します。スイッチを入れるとこんな感じです。

YAMAHAパワーアンプHC-1500のパワーメーターのランプ切れ修理完了

光量や色も問題なしです。メーターの下が透明になってて、そこを照らす感じですね。肉眼では全くわかりませんが、交流なのでデジタルカメラを通して見ると電球が点滅しているのが分かります(信号機などをデジタルカメラ通しで見たときにチカチカしてるアレです)。

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
DENON SC-7.5、GBホーンの再塗装とレビュー
FOSTEX GK10、レストア作業その1〜分解と洗浄
Aurex SS-S12W、レストアその4〜レストア完了!
PIONEER CS-610、ドームスコーカーの固着修理・錆除去編
Victor S-M5、ツイーター断線注意
YAMAHA JA-4201、自作ホーンアダプターの作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA