メニュー

Lo-D HS-1、ウーファー鳴らず要修理

2018/12/20 - Lo-D HS-1

Lo-Dの鈍器系スピーカー・HS-1をゲットしましたデス。

Lo-D鈍器系スピーカー・HS-1の外観画像

エンクロージャーが少々汚れていますが、傷もほとんどなく、ウーファーコーンの色褪せもない、見た目はとても良好な個体です。

背面のターミナル&ラベルこんな感じ、黄ばみがないのでヤニ汚れもなさそうです。

Lo-D鈍器系スピーカー・HS-1の背面

前面のネットはVictor S-M3/S-M5と同様にボルト留めになってて容易に脱着可能です。で、外すとユニットはこういう感じ。

Lo-D鈍器系スピーカー・HS-1のユニット画像

ツイーター周辺のデザインのせいか、メカニカルな感じがしてGOODですね。
多くの鈍器系スピーカーと同様、10cmウーファーに2.5cmドームツイーターですが、これは珍しくツイーターがソフトドームではなく、チタンを採用したハードドームです。

で、表題の「ウーファー鳴らず」ですが、片側のウーファーが固着してました。
原因はこれ(涙)

Lo-D鈍器系スピーカー・HS-1のウーファー画像・前面

Lo-D鈍器系スピーカー・HS-1のウーファー画像・裏面

バックプレートの接着が剥がれてズレていたせいです。

もしやと思い「おりゃ!」とマグネットを剥がすと、マグネットも磁力でくっついてるだけで容易に外れました。こりゃあきまへんな。

Lo-D鈍器系スピーカー・HS-1のウーファー画像・マグネット

どっちが前か分からなくなるとマズいのでマジックで前面側に「前」と書いておきました。

10cm程度の大きさのユニットのマグネットずれの修理はセンターリング治具があれば容易です。問題は大きさに関わらずバックプレートの接着の際にボイスコイルにダメージを与えないようにしないとイケマセン。

で、分解は続きます、次はツイーター

Lo-D鈍器系スピーカー・HS-1のツイーター画像・前面
Lo-D鈍器系スピーカー・HS-1のツイーター画像・裏面

ツイーターは2.5cmのチタンハードドームです、チタン特有の鈍いメタリックの輝きがいいですね。幸いツイーターは両スピーカーとも異常なしでした。ハードドームのツイーターは修理する場合、非常に気を使うので正常で良かったっす。

最後に前面のネット

Lo-D鈍器系スピーカー・HS-1の前面ネット

Victor S-M3/S-M5と同じくアルミフレームに金属ネットですが、こちらのフレームはアルミながらVictorのものよりもかなりゴツく重量があります。

まずはウーファーのマグネットの修理をしないといけません。

以下が続編です:

Lo-D HS-1、ウーファーのマグネットずれ修理

〜 関連記事 & おすすめ記事 〜
Lo-D HS-1、ウーファーのマグネットずれ修理
Lo-D HS-1、修理後のインプレ
YAMAHA P4050、オーディオ動画を公開
FOSTEX GK10、レストア作業その4〜ネットワーク作成
OTTO SX-C950、復活への道
Lo-D HS-11D、ウーファーセンターキャップ修理とレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA